きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

【2019年最新】150ccバイクまとめ

f:id:kipiro:20190908182551j:image

2019年あたりから人気が出始めた150ccクラスの中型バイク。150ccバイクの国内車はまだまだ普及していませんが、150ccのラインナップは少しずつ増えてきています。

150ccクラスのバイクは車重が軽く取り回しがしやすく、燃費が良いなど日本の一般道に「ちょうどいい」サイズです。

国内車

国内で販売されている数少ない150ccクラスのバイクたちです。ほとんどがスクーターです。

 

PCX150 / PCX HYBRID(ホンダ)

f:id:kipiro:20190908183259j:image

出典:PCX | Honda

PCXシリーズは燃費の良さと環境性能を両立させた「eSP」というエンジンを搭載しています。このeSPエンジンは汎用性が高くホンダスクーターのほぼ全てに搭載されるようになりました。PCX150はPCX125では乗れなかった高速道路や自動車専用道路が通れるので道の選択肢が増えます。

そしてPCXシリーズはバイク業界でいち早くアイドリングストップ機能が搭載されたバイクです。そのためストップ&ゴーの多い街乗りでも高い燃費性能があります。[カタログ燃費:52.9km/L]

f:id:kipiro:20190908184355j:image

初期のPCXはバッテリー電圧が低いときエンジンが始動できなくなることがありましたが、現在はバッテリーの電圧が低いときはアイドリングさせるようになっています。

 

さらにPCXはバイク業界初のハイブリッド車となりました。


f:id:kipiro:20190908184831j:image

f:id:kipiro:20190908185340j:image

ハイブリッド車であるPCX HYBRIDは12Vのバッテリーに加えリチウムイオンバッテリーを積んでいます。車のハイブリッド車と同じように発進時のアシストをしますが、PCX HYBRIDの場合は燃費の向上を図っているのではなく走行性能の向上のためのアシストとなっています。[カタログ燃費:55.0km/L]

バッテリーアシストによりPCX HYBRIDはPCX150と比べ発進時や加速時、さらには登坂時により力強く走ることができます。

ただしリチウムイオンバッテリーを積んだことによりスクーターの最大のうりであるメットインスペースを圧迫してしまっています。


f:id:kipiro:20190908191706j:image

f:id:kipiro:20190908191703j:image

 

PCX HYBRIDの試乗インプレはこちらの動画を見ると分かりやすいです。

マイナーチェンジによりスマホが充電できるアクセサリーソケットやスマートキー、LEDヘッドランプを搭載されました。

 

【PCX番外編】

さらにさらにPCXは完全にバッテリー駆動となるPCX ELECTRICがラインナップに並びました。メットインスペースは完全にリチウムイオンバッテリー入れになってしまいました。


f:id:kipiro:20190908193019j:image

f:id:kipiro:20190908193022j:image

 

バッテリー駆動なのでとても静かなうえ、モーターの加速力はエンジンをも超えます。

ちなみにPCX ELECTRICは125ccクラス(原付2種)の扱いとなっており、法人企業、個人事業主、官公庁に限定したリース専用車です。

 

ジクサー(スズキ)

f:id:kipiro:20190908201205j:image

出典:ジクサー|スズキ バイク

インドで生産、販売されていたジクサーが日本で販売されるようになってから150ccクラスバイクの人気が上がってきました。密かに150ccクラスバイクの火付け役となったバイクです。

街乗りでの扱いやすさや燃費を重視したバイクになっており、その結果として150ccクラスのバイクは日本の土地柄に合っていると証明しました。走り屋には物たりないバイクですが、普段乗りをするなら間違いなく最適なバイクです。

ガソリンを満タンにしても135kgという圧倒的な軽さに誰もが驚くことでしょう。口コミによる燃費は平均45km/Lでタンク容量も12Lあり、口コミによる燃費を基準にして単純計算をしても航続距離は540kmも走ることになります。

注意点はギアが5速までということです。ジクサー乗り曰く「あと1速ほしい」という声をよく耳にします。

 最近はジクサーの250cc版が出るともっぱら話題になっています。現にフルカウルのジクサーSFとそのネイキッド版ジクサー250の海外公式ホームページやリーク画像が出回っています。

 

NMAX155

f:id:kipiro:20190908204157j:image

出典:NMAX155 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

スポーツスクーターを謳っていたTMAXシリーズのノウハウをコンパクトに凝縮させ、スクーターとしての快適さも重視したスクーターです。

「走り」と「環境性能」の融合させた"BLUE CORE"エンジンを搭載しており、高効率燃焼・高い冷却性・ロス低減を実現。「走りの楽しさ」と「燃費・環境性能」の両立をさせました。

とは言いつつオーナーからの話だと150ccクラスのスクーター全般に言えることですが、高速道路の追越車線は厳しいものがあるようです。流すだけならいけるようです。

 

トリシティ155(ヤマハ)

f:id:kipiro:20190908204220j:image

出典:トリシティ155 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

ヤマハ独自ともいえる3輪バイクですが、免許は普通二輪免許が必要です。初めて見たときは「こんなのバイクとは認められない!」と思っていましたが、実際乗ってみるとその制動力の良さ、安定性が2輪のバイクとは桁違いで脳内に焼きつきました。

例えば前輪の片方のタイヤがマンホールでスリップしていても、もう片方がしっかりグリップしているのでなんの躊躇もなく色々な場所を走れます。一度だけの試乗でも忘れられないくらいの衝撃でした。

デメリットとしては車両重量が重くなることと、タイヤ1個分メンテナンス代が増えることくらいですね。

エンジンはNMAXと同じ"BLUE CORE"エンジンを採用しています。

 

マジェスティS

f:id:kipiro:20190908204339j:image

出典:マジェスティS - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

マジェスティSはNMAX155と明確な違いは記されていませんが、NMAX155との一番大きな違いは150ccクラス専用の設計になっていることです。NMAXは125ccと155ccのラインナップがされているのでどうしても小型排気量の設計に合わせる必要があります。それに対しマジェスティSは150ccを想定して設計されているので、NMAXに比べタイヤサイズが大きかったりタンク容量やトランク容量が大きくなっています。

マイナーチェンジを重ね、NMAXにも負けない装備と150cc専用設計により走行性能が高いです。

 

海外車

海外では150ccクラスのバイクは日本に比べ種類が豊富です。150ccクラスのバイクの購入を検討するのであれば、海外輸入車を視野に入れると選べる幅が大きく広がります。

わたし自身が海外のバイクを把握しきれていないので、最近の150ccバイクを紹介します。

CB150R(ホンダ)

f:id:kipiro:20190908205817j:image

出典:CB150R | 【エンデュランス】お得なタイホンダ製バイクを日本全国で販売

カフェレーサー風のネイキッドバイクCB150Rは2018年にモデルチェンジをしてフルLEDライト、倒立フォーク、ラジアルマウントキャリパー、ショートタイプマフラーなど最新装備を搭載しています。

乾燥重量123kgと非常に軽く取り回しも楽です。口コミによる燃費は街乗りで40〜45km/Lでツーリングで45〜50km/Lとのことです。

タンク容量は8.5Lなのでおおよその巡航距離は382.5kmとなります。ギアはジクサーと違いこちらは6速までありますが、CB150Rユーザーによると170cmでも足つきがとても悪いとのことです。

日本でも新車で購入することができ、エンデュランスのHPから販売店を探すことができます。

 

CBR150R(ホンダ)

f:id:kipiro:20190908212655j:image

出典:CBR150R | 【エンデュランス】お得なタイホンダ製バイクを日本全国で販売

CB150Rのフルカウル版です。こちらも2018年にモデルチェンジをしてCBR250RR風のデザインに変更され、フルLED化されました。

シート高は787mmと高めで足つき性よりもスポーツライドを重視している設計になっていますが、乾燥重量は135kgと軽く取り回しはしやすいです。

最高出力は17.1PSとなっており海外による情報では最高速度は130km/hまで出たようです。燃費もCB150Rと同様で平均45km/Lとなっています。もちろんギアは6速まであります。

こちらのCBR150Rも日本で購入することができ、エンデュランスのHPから販売店を探すことができます。

 

ADV150(ホンダ)

f:id:kipiro:20190908194349j:image

2019年7月にインドネシア公式サイトで発表されたADV150はPCXにも採用されているeSPエンジンを搭載するスクータータイプのアドベンチャーバイクになります。

スクーターアドベンチャーバイクであるX-ADVの150cc版という立ち位置になるでしょう。

日本で発売されるかは未定ですが、日本の土地柄に合うアドベンチャーバイクとなるのは間違いないので日本でも販売して欲しいですね。

 

YZF-R15(ヤマハ)

f:id:kipiro:20190908214447j:image

海外ではYZFが抜けて「R15」という名前で販売されています。2017年モデル(インドネシア市場向け)ではデザインがYZF-R1風に変更されフロントヘッドライトのLED化、可変バルブ機構、倒立フォークを搭載されました。

2018年モデルは南アジア、インド向けに「R15 Version3.0」としてカタログ掲載されました。こちらは正立フォークとなっています。

YSPグループが輸入して販売していた時期もありましたので、日本でも入手できる可能性が高いです。

 

M-SLAZ(ヤマハ)

f:id:kipiro:20190908214540j:image

YZF-R15のエンジンとフレームをベースにしてMTシリーズ風のデザインにしたネイキッドバイクです。

こちらは正立フォークですので2017年モデルのYZF-R15(インドネシア市場向け)とほぼ同じスペックになります。

 

Ninja150RR(カワサキ)

f:id:kipiro:20190908220655j:image

2016年に販売され、バイク業界で最後の2ストロークエンジンを積んだバイクです。

さすがの2スト、150ccなのに最高出力29.0ps/11000rpmと最近の250ccバイクを上回るパワーです。しかも車両重量は134kgと軽いので、なんと最高速度は180km/hも出ます。

 

Ninja150SS(カワサキ)

f:id:kipiro:20190908221835j:image

Ninja150RRのネイキッド版です。こちらも同じく2ストロークエンジンなので非常にパワーがあります。

 

150ccクラスのユーザーの声

150ccクラスのバイクは燃費がいい取り回しやすいと日本では本当に「ちょうどいい」サイズなのでもっと普及していくといいですね。