きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

ジクサー250最新情報まとめ

f:id:kipiro:20190528081908j:image

 

スズキからでているジクサーはその人気の高さからジクサー250が出ると噂をされています!

そして噂通り250ccの新たなジクサーが発表されたので、そのスペックや発売日をまとめました。

ジクサーSF250

f:id:kipiro:20190528084033j:image

出典:Gixxer SF

新型のジクサー250はなんとフルカウル油冷式エンジンです。現行ジクサーのフレームをベースにしており、ステアリングヘッドやサスペンションマウントを強化され、前後サスも250向けに改良されています。

【ジクサーSF250のスペック】

全長 2010mm
全幅 740mm
全高 1035mm
ホイールベース 1345mm
シート高 800m
重量(ABS) 161kg
燃料タンク 12L
最低地上高 165mm
エンジン SOHC油冷単気筒4バルブ
排気量 249cc
ボア×ストローク 76.0mm × 54.9mm
ギア 6速
馬力 26.5PS / 9000rpm
トルク 22.6Nm / 7500rpm
燃費 38.5km / L
始動方式 FI
排ガス規制 BS4(EURO3相当)
フロントサスペンション 41mm正立
リアサスペンション モノショック
フロントブレーキ 300mm/BYBRE
リアブレーキ ディスク
ABS 2チャンネル
フロントタイヤ 110/70R-17M/C
リアタイヤ 150/60R-17M/C
タイヤ ラジアル

ジクサーSF250はスポーツツアラーというジャンルで、同じジャンルのバイクはホンダのCBR250Rです。比較対象になるのはCBR250Rになるでしょう。

 

スズキ ジクサーSF250の公式PV

 

ジクサーSF250のカラーとデザイン

ジクサーSF250発表時ではシルバーとブラックの2色しかありません。

f:id:kipiro:20190528092332j:image

左:メタリックソニックシルバー、右:グラスパークルブラック

スズキの特色でもあるブルーはありませんが、ブルーの人気を考えると後からきてもおかしくありません。

 

ジクサーSF250は他の最近のスポーツタイプのバイクと同様におしりがスラっとしています。

標準でマッドガードが装備されているのはとても好印象です。

f:id:kipiro:20190528104158j:image

 

ハンドルは少しアップめでスポーツさを演出しつつも長距離でも疲れにくくなっています。ここはスポーツツアラーというだけあり、きつめのポジションにはならなさそうです。

f:id:kipiro:20190528112845j:image

 

マフラーはジクサーのものを流用しているように見えますが、高級感とスポーツらしさをより出すためデザインを一新しています。(よくみるとジクサーと形が違う)

f:id:kipiro:20190528110317j:image

 

ジクサーSF250の特徴

やはり何と言っても油冷方式のエンジンでしょう。

f:id:kipiro:20190528105836j:image

ロードスポーツバイクにおいて冷却水でエンジンを冷やす水冷方式が一般となっているなか、スズキが独自に開発した油冷方式のエンジンは1985年の初代GSX-750に初めて搭載され、2008年に生産終了したGSX1400に至る20年余りにわたって採用され続けました。

以降、油冷方式のエンジンを搭載したバイクは登場してきませんでしたが、ジクサーSF250で復活となりました。SACS:Suzuki Advanced Cooling Systemという名前からSOCS:Suzuki Oil Cooling Systemに変わりました。

 

油冷方式のエンジンの利点は水冷方式のエンジンより軽量化できる他、「ゴリゴリっとしたトルク感」「細かなフィンを刻む美しいエンジンのデザイン」「高い耐久性」という特長と合わせて、いまだ根強いファンがいます。

 

新型油冷方式エンジンの解説動画

 

ジクサーSF250の装備

【LEDのヘッドライトとテールランプ】

f:id:kipiro:20190528111346j:image

ヘッドライドは視認性を良くするためにワイドなデザインになりました。

 

【スピードメーター】

f:id:kipiro:20190528111532j:image

反転式のフルデジタル式を採用し、必要な情報が一目でわかるようになっています。

 

【スズキイージースタートシステム】

f:id:kipiro:20190528112024j:image

普通セルスイッチはエンジンがかかるまで押しつづけなければいけませんが、イージースタートシステムは一度押すだけでエンジンがかかるまでセルを回し続けてくれます。意外に便利。

 

【マッドガード】

f:id:kipiro:20190528112417j:image

スポーツタイプに標準で装備されているのはあまり見ないので好印象。マッドガードは雨の日の走行などで巻き込む汚れを防いでくれるので、あるととても助かります。

 

ジクサーSF250の値段と発売日

ジクサーSF250の値段は170,655ルピー。日本円で268,964円です。

f:id:kipiro:20190528113607j:image

インドではすでにジクサーSF250は店頭にならんでいますが、日本では2020年に新排ガス規制EURO5相当(現在はEURO4相当)を控えているとされており、そのままの販売はできません。

インドでは2020年4月までにBS6(EURO5相当)の適合が必須なので、おそらくそこに合わせて日本に入ってくると考えられます。日本で販売されるのは2020年4月以降になると予想できます。

 

ジクサー250ネイキッド

個人的にジクサーはネイキッドで発表されると思っていました。しかしジクサーSF250の会見の最後の方でネイキッドもあることをほのめかすような発言もあったという。

 

【2019/6/28追記】

ついにネイキッド版ジクサー250のリーク画像が出回りました。

f:id:kipiro:20190628155212j:image

(原文)

At the time of launching Suzuki Gixxer SF 250, the company revealed that a street fighter variant is also on the anvil. Though it wasn’t mentioned officially, it is no secret that the new quarter litre naked motorcycle will be accompanied by a heavily updated version of Gixxer 155.

引用:Suzuki Gixxer 155 LED headlight, front detailed - New spy shots

簡単にまとめると「ネイキッド版ジクサーはジクサーSF250と同時に発売する予定。公式には言及していないが、ジクサー155を大幅にアップデートしている。」とのこと。

ジクサーSF250とネイキッド版ジクサーは同時に発売ということになりますね!

その後にこう書かれている。

(原文)

Well, we don’t need to speculate any more as images of 2019 Suzuki Gixxer 155 with updated design have surfaced online. As expected, the naked Gixxer 155 receives a new LED headlamp which, with its silver frame, certainly looks better than the outgoing model’s halogen unit.

Not surprisingly, rest of the design is identical to that of its fully faired sibling. The tailpiece receives stepped seats, body-colored split grab rails, and new LED taillights. It also gets Gixxer SF’s restyled twin-orifice exhaust canister. The only visual difference comes from the color of center panel which is finished in silver in case of the street fighter (black in SF 155).

これを簡単にまとめると「ジクサーSF250をベースにしてネイキッド化しているがデザインや見た目はジクサー155とほとんど同じ。ライト部分は全てLED化している。

(原文)

New Suzuki Gixxer Latest Updates
 
The 2019 Suzuki Gixxer 155 sports an all-new LED headlamp, revised fuel tank, split seats and more, and is likely to continue with the peppy 155 cc motor from the current model.

Suzuki Motorcycle India will be introducing the Gixxer 155 facelift later this year and ahead of its launch, images of the updated motorcycle have leaked online. The leaked images confirm plenty of changes on the 2019 Gixxer 155 that include cosmetic upgrades for a fresh new look. The 2019 Suzuki Gixxer is likely to go on sale alongside the Gixxer 250, which is also scheduled for launch in the coming months. Both models are a follow-up to the 2019 Suzuki Gixxer SF and the Gixxer SF 250, both of which were introduced earlier this year.

With respect to the changes, the 2019 Suzuki Gixxer 155 retains is muscular design language but gets a revised fuel tank with broader lines. The tank shrouds look beefier as well, while the big change is the new LED headlamp cluster that looks modern and sharp bringing the refreshing new look to the motorcycle. We also see new split seats, revised side panels and exhaust muffler, while the digital instrument console is likely to be new as well and carried over from the 2019 Gixxer SF with the white backlight.

With respect to the powertrain, the 2019 Suzuki Gixxer 155 will not be dramatically different from the current version. The bike will continue to employ the 154.7 cc single-cylinder, air-cooled, fuel-injected engine that develops 13.9 bhp and 14 Nm of peak torque. The motor is paired with a 5-speed transmission. In addition, the bike will continue to ride on telescopic forks up front and a monoshock unit at the rear. Braking power will come from disc brakes at either end with single-channel ABS offered as standard.

引用:https://auto.ndtv.com/suzuki-bikes/new-gixxer

ちょっとめんどくさなったのでグーグル先生に翻訳頼みました。

2019年のスズキGixxer 155は全く新しいLEDヘッドランプ、改訂された燃料タンク、分割座席ともっと多くを遊ばして、そして現在のモデルからの元気いっぱいの155 ccのモーターを続けるであろう。

Suzuki Motorcycle Indiaは、今年後半に発売されるGixxer 155の外観改良を発表する予定です。最新のバイクの画像はオンラインで漏洩しています。 漏らされたイメージは、2019年のGixxer 155の多くの変更を確認します。そして、それは新しくて新しい外観のための化粧品のアップグレードを含みます。 2019年のスズキGixxerはGixxer 250と一緒に発売される可能性があります、そしてそれも今後数カ月の間に発売が予定されています。 どちらのモデルも、2019年のスズキGixxer SFとGixxer SF 250のフォローアップで、どちらも今年初めに発表されました。

変更に関しては、2019年のSuzuki Gixxer 155は保持力のあるデザイン言語ですが、より幅の広いラインの改訂された燃料タンクになりました。 タンクシュラウドもより美しく見えますが、大きな変化はモダンでシャープに見える新しいLEDヘッドランプのクラスターです。 また、新しいスプリットシート、サイドパネルの改造、エキゾーストマフラーも登場していますが、デジタル計器盤も同様に新しく、2019 Gixxer SFから白いバックライトで引き継がれる可能性があります。

パワートレインに関しては、2019年スズキギクサー155は劇的に現在のバージョンと変わらないでしょう。 この自転車は、13.9 bhpと14 Nmのピークトルクを発生させる154.7 cc単気筒空冷式燃料噴射エンジンを採用し続ける。 モーターは5速トランスミッションとペアになっています。 さらに、この自転車はテレスコピックフォークを前部に、モノショックユニットを後部に乗せ続けます。 制動力は標準として提供される単一チャンネルのABSの両端のディスクブレーキから来るでしょう。

やはりジクサーSF250をベースにジクサー155を改良していくイメージですね。

 

【追記2019/8/30】

横からの画像を入手しました。形は現行ジクサーによく似ていますがやはりマフラー等細かい変更点がありますね。

f:id:kipiro:20190830090247j:image

 

ジクサーSF250のオススメ映像

ジクサーSF250のサウンドや走りが見れます。こちらの動画がとても参考になりました。

 

ジクサーSF155とジクサーSF250のスペック比較

装備

  • エンジン:空冷155cc→油冷249cc
  • ミッション:5速→6速
  • メーター:反転液晶
  • ホイール:切削光輝ホイール
  • 前後ディスク:300mm(大きくなった)
  • ABS:1チャンネルから2チャンネルに
  • フレーム:センターパイプが0.3mm太くなってる
  • フレーム関連:ステアリングヘッドやリアサスマウント強化
  • サスペンション:250専用のセッティング
  • スイングアーム:太くて長くなった

スペック

  • 馬力:14.1PS/8,000rpm→26.5PS/9,000rpm
  • トルク:14Nm/6,000rpm→22.6Nm/7,500rpm
  • 全長:2,025mm→2,010mm
  • 全幅:715mm→740mm
  • 全高:1,340mm→1,345mm
  • 最低地上高:160mm→165mm
  • シート高:795mm→800mm
  • 車両重量:146kg→161kg
  • フロントタイヤ:100/80 - 17 M/C →110/70R - 17 M/C
  • リアタイヤ:140/60R - 17 M/C→150/60R - 17 M/C