きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

ジクサー250最新情報まとめ

f:id:kipiro:20190528081908j:image

 

スズキからでているジクサーはその人気の高さからジクサー250が出ると噂をされています!

そして噂通り250ccの新たなジクサーが発表されたので、そのスペックや発売日をまとめました。

ジクサーSF250

f:id:kipiro:20190528084033j:image

出典:Gixxer SF

新型のジクサー250はなんとフルカウル油冷式エンジンです。現行ジクサーのフレームをベースにしており、ステアリングヘッドやサスペンションマウントを強化され、前後サスも250向けに改良されています。

【ジクサーSF250のスペック】

全長 2010mm
全幅 740mm
全高 1035mm
ホイールベース 1345mm
シート高 800m
重量(ABS) 161kg
燃料タンク 12L
最低地上高 165mm
エンジン SOHC油冷単気筒4バルブ
排気量 249cc
ボア×ストローク 76.0mm × 54.9mm
ギア 6速
馬力 26.5PS / 9000rpm
トルク 22.6Nm / 7500rpm
燃費 38.5km / L
始動方式 FI
排ガス規制 BS4(EURO3相当)
フロントサスペンション 41mm正立
リアサスペンション モノショック
フロントブレーキ 300mm/BYBRE
リアブレーキ ディスク
ABS 2チャンネル
フロントタイヤ 110/70R-17M/C
リアタイヤ 150/60R-17M/C
タイヤ ラジアル

ジクサーSF250はスポーツツアラーというジャンルで、同じジャンルのバイクはホンダのCBR250Rです。比較対象になるのはCBR250Rになるでしょう。

 

スズキ ジクサーSF250の公式PV

 

ジクサーSF250のカラーとデザイン

ジクサーSF250発表時ではシルバーとブラックの2色しかありません。

f:id:kipiro:20190528092332j:image

左:メタリックソニックシルバー、右:グラスパークルブラック

スズキの特色でもあるブルーはありませんが、ブルーの人気を考えると後からきてもおかしくありません。

 

ジクサーSF250は他の最近のスポーツタイプのバイクと同様におしりがスラっとしています。

標準でマッドガードが装備されているのはとても好印象です。

f:id:kipiro:20190528104158j:image

 

ハンドルは少しアップめでスポーツさを演出しつつも長距離でも疲れにくくなっています。ここはスポーツツアラーというだけあり、きつめのポジションにはならなさそうです。

f:id:kipiro:20190528112845j:image

 

マフラーはジクサーのものを流用しているように見えますが、高級感とスポーツらしさをより出すためデザインを一新しています。(よくみるとジクサーと形が違う)

f:id:kipiro:20190528110317j:image

 

ジクサーSF250の特徴

やはり何と言っても油冷方式のエンジンでしょう。

f:id:kipiro:20190528105836j:image

ロードスポーツバイクにおいて冷却水でエンジンを冷やす水冷方式が一般となっているなか、スズキが独自に開発した油冷方式のエンジンは1985年の初代GSX-750に初めて搭載され、2008年に生産終了したGSX1400に至る20年余りにわたって採用され続けました。

以降、油冷方式のエンジンを搭載したバイクは登場してきませんでしたが、ジクサーSF250で復活となりました。SACS:Suzuki Advanced Cooling Systemという名前からSOCS:Suzuki Oil Cooling Systemに変わりました。

 

油冷方式のエンジンの利点は水冷方式のエンジンより軽量化できる他、「ゴリゴリっとしたトルク感」「細かなフィンを刻む美しいエンジンのデザイン」「高い耐久性」という特長と合わせて、いまだ根強いファンがいます。

 

新型油冷方式エンジンの解説動画

 

ジクサーSF250の装備

【LEDのヘッドライトとテールランプ】

f:id:kipiro:20190528111346j:image

ヘッドライドは視認性を良くするためにワイドなデザインになりました。

 

【スピードメーター】

f:id:kipiro:20190528111532j:image

反転式のフルデジタル式を採用し、必要な情報が一目でわかるようになっています。

 

【スズキイージースタートシステム】

f:id:kipiro:20190528112024j:image

普通セルスイッチはエンジンがかかるまで押しつづけなければいけませんが、イージースタートシステムは一度押すだけでエンジンがかかるまでセルを回し続けてくれます。意外に便利。

 

【マッドガード】

f:id:kipiro:20190528112417j:image

スポーツタイプに標準で装備されているのはあまり見ないので好印象。マッドガードは雨の日の走行などで巻き込む汚れを防いでくれるので、あるととても助かります。

 

ジクサーSF250の値段と発売日

ジクサーSF250の値段は170,655ルピー。日本円で268,964円です。

f:id:kipiro:20190528113607j:image

インドではすでにジクサーSF250は店頭にならんでいますが、日本では2020年に新排ガス規制EURO5相当(現在はEURO4相当)を控えているとされており、そのままの販売はできません。

インドでは2020年4月までにBS6(EURO5相当)の適合が必須なので、おそらくそこに合わせて日本に入ってくると考えられます。日本で販売されるのは2020年4月以降になると予想できます。

 

ジクサー250ネイキッド

個人的にジクサーはネイキッドで発表されると思っていました。しかしジクサーSF250の会見の最後の方でネイキッドもあることをほのめかすような発言もあったという。

 

ジクサーSF250のオススメ映像

ジクサーSF250のサウンドや走りが見れます。こちらの動画がとても参考になりました。