きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

【2019年】燃費の良い125cc〜400ccの現行バイク8選

f:id:kipiro:20190519192627j:image

趣味のバイクだったら好きなバイクを選んで燃費なんて気にしません。

しかし通学、通勤にもつかう普段乗りのバイクならできれば走る満足度も高くて燃費が良い方がいいですよね。

 

2019年現行の125cc〜400ccの燃費の良いバイクを8台選びました!

CB250R(ホンダ)

f:id:kipiro:20190519165404j:image

出典:CB250R | Honda

カタログ燃費:44.5km/L

口コミによる燃費:平均31km/L

 

エンジンは旧CBR250R/CB250Fのものを使用しており単気筒です。

CBR250R(MC41) のエンジンはロッカーアーム方式を採用しており、パワーロスを最小化し高燃費を実現しています。このCB250Rはそのエンジンを新排ガス規制に対応させたものになります。

 

乾燥重量144kgと取り回しのしやすい軽さも魅力です。

ちなみに小排気量版のCB125Rはなんとカタログ燃費53km/Lとなっています。

 

CBR400R(ホンダ)

f:id:kipiro:20190519171045j:image

出典:CBR400R | Honda

カタログ燃費:41km/L

口コミによる燃費:平均30km/L

 

エンジンは水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒となっており、その最高出力は46PSもあります。

しっかりと走るスポーツバイクであるのに破格の燃費を実現しています。

 

レブル250(ホンダ)

f:id:kipiro:20190519190934j:image

出典:Rebel250 | Honda

カタログ燃費:46.5km/L

口コミによる燃費:平均33km/L

 

「シンプルを突き詰めたタフ&COOLなデザイン。」というキャッチコピーのナロースタイルのバイクです。

こちらのレブル250はCB250Rと同様にCBR250R(MC41)のエンジンを搭載していますが、しっかりとアメリカンクルーザー仕様に特性がアレンジされています。さらに低中速にトルクを振ったようなエンジン特性になっています。

デザインも非常に良く、690mmのシート高にミドルポジションのステップによりロングツーリングでも疲れにくいバイクに仕上がっています。

 

GSX250R(スズキ)

f:id:kipiro:20190519172011j:image

出典:GSX250R|スズキ バイク

カタログ燃費:41km/L

口コミによる燃費:平均33km/L

 

スズキのバイクは全般的に低速トルクにパワーを振られており、街乗りではかなり快適です。

GSX250Rのエンジンはロッカーアームを採用されておりフリクションロスを最小化しているほか、シリンダーのホーニング方法を最適化、スパークプラグをプロジェクトタイプ(突き出し仕様)にするなど8項目にもよる設計の見直しにより低燃費を実現しています。

 

ジクサー(スズキ)

f:id:kipiro:20190519173820j:image

出典:ジクサー|スズキ バイク

カタログ燃費:58.8km/L

口コミによる燃費:平均45km/L

 

ここ最近、流行ってきている排気クラスである150ccでも特に満足の高い走りと低燃費を実現したジクサー。

ガソリンを満タンにしても135kgという圧倒的な軽さに誰もが驚くことでしょう。

タンク容量も12Lあり、口コミによる燃費を基準にして単純計算をしても巡行距離は540kmも走ることになります。

 

YZF-R3・MT-03(ヤマハ)

f:id:kipiro:20190519180523j:image

出典:MT-03/MT-25 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

カタログ燃費:41km/L

口コミによる燃費:平均28km/L

 

YZF-R3とMT-03は同じエンジンを採用しており、フルカウルかネイキッドかの違いだけです。

国内では珍しい300ccクラスのバイクとなります。

兄弟車であるYZF-R25とMT-25は排気量が250ccクラスになっています。

 

XMAX(ヤマハ)

f:id:kipiro:20190519181816j:image

出典:XMAX - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

カタログ燃費:40.7km/L

口コミによる燃費:平均33km/L

 

スポーツスクーターであるTMAXの後継車であるXMAXは250ccクラスでも大型車に劣らない豪華な装備(スマートキー、トラクションコントロール、ASBなど)を搭載しています。

TMAXで培ったスポーツスクーターの良いとこ取りをしています。走りの満足度と快適さ、そして燃費の良さをすべてを盛り込んだ最高のスポーツスクーターとなりました。

 

SR400(ヤマハ)

f:id:kipiro:20190519185027j:image

出典:SR400 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

カタログ燃費:40.7lm/L

口コミによる燃費:平均28km/L

 

古くから愛されるヤマハのSR400は現行モデルでもキックでの始動ができる唯一のバイクです。

キャブからインジェクション仕様になり燃費が向上するかと思いきやそれほど変わっているわけではないようです。

また乗り手により燃費が大きく左右されるのもSR400の特徴です。(現行モデルで19km/L〜31km/Lまで確認)なぜこんなにも燃費の差が開くのかもかなり不思議に思います。

 

まとめ

燃費の良いバイクを紹介しましたが、これまで紹介した8つのバイクは破格の燃費を誇っています。

そもそもバイクは車に比べ燃費が良いものばかりです。

 

本当に自分の気に入ったバイクなら燃費は気にしない方がいいですね!

なぜならそのバイクだって車に比べればきっと燃費は良いはずだから!