きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

150ccバイクが人気になってきた理由

 

f:id:kipiro:20190827091704j:image

最近150ccバイクが人気になってきました。なぜ250ccではなく150ccのバイクが人気になってきたのでしょうか。

その理由を調査してきました!

150ccバイクのメリット

車両価格が安い

150ccクラスのバイクは国内メーカーのものでも車両価格が安いことが多いです。

150ccバイクの大御所をざっとまとめると30万円ほどに収まっています。(2019年現在税込)

  • ジクサー:321,840円
  • PCX150:373,680円
  • NMAX155:378,000円
  • マジェスティS:372,600円 

手が出しやすい値段になっています。

 

とにかく燃費が良い

150ccクラスのバイクはどれも燃費のいいバイクばかりです。

例えばスズキのジクサーはカタログ燃費が58.8km/Lとなっておりタンク容量は12Lです。単純計算でガソリンを満タンにすれば巡航距離は705kmとなります。

 

車体が軽いので取り回しが楽

150ccクラスのバイクは125ccの延長線上のような立ち位置であることが多く、車体が軽いバイクが多いです。

250ccバイクも非常に取り回しやすいですが150ccの取り回しの扱いやすい安さはそれを上回ります。

 

車専用道路と高速道路に乗れる

125ccクラスのバイクだと「125cc以下通行禁止(車専用道路)」という道路や高速道路に乗ることもできます。

 

150ccバイクのデメリット

国内の車種が少ない

国内での150ccクラスのバイクの種類は非常に少ないです。しかし海外では150ccは多く取り扱われています。海外のバイクも視野に入れることで150ccクラスの選択技が増えることでしょう。

 

高速道路はちょっとつらい

高速道路にのれるといっても追い越しなどはどうもパワー不足なようです。流して走る分にはちょうどいいとよく耳にします。

 

マスツーで置いてけぼりにされるかもしれない

普通なら速度を合わせると思うのですが、やはり排気量のパワーの差は大きく置いてけぼりにされてしまう可能性も否めません。

 

150ccクラスバイクのまとめ

2019年現在販売されている150ccクラスのバイクをまとめました!