きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

本州最南端の絶景が見れる「潮岬キャンプ場」

f:id:kipiro:20190623185731j:image

本州最南端である和歌山県の潮岬にはキャンプ場が隣接しています。

絶景を見ながらキャンプができるツーリングスポットとしても最高のロケーションです!

潮岬キャンプ場

潮岬キャンプ場は和歌山県東牟婁郡串本町の最南端にある潮岬にあります。

潮岬キャンプ場は時期によって無料期間と有料期間がありテント設営できる場所も変わります。

 

有料期間中のチェックイン方法と場所

繁忙期は有料期間となり日帰りや車中泊でも料金は一人一泊600円(小学生以上)になります。

事前予約は不可で受付時間は8:00〜18:00になります。受付時間外に来た場合は翌日に受付をします。

【有料期間(平成30年度)】

  • GW:4月28日〜5月5日
  • 夏季:7月28日〜8月18日
  • 秋季:9月15日〜9月23日
  • 秋季:9月22日〜9月23日
  • 連休:10月6日〜10月7日
  • 連休:11月23日〜11月24日

有料期間中は赤枠で囲ったところのみでしかテント設営しなければなりません。

f:id:kipiro:20190623192422j:image

チェックアウトは不要です。

 

無料期間中のチェックイン方法と場所

無料期間は有料期間以外が全て無料期間となります。チェックイン、チェックアウトともに不要なので事前予約もできません。

無料期間中は赤枠で囲ったところのみでテント設営をしなければなりません。

f:id:kipiro:20190623195012j:image

 

オートキャンプはできないので駐車場近くがオススメ

車はダメでもバイクはOKというキャンプ場が多いのでバイクをテント横に停めていましたが、管理人と思われるらしき人から「単車横付けダメ」と言われたので駐車場に停めました。

f:id:kipiro:20190623201417j:image

よく見ると駐車場にはバイク用の駐輪場もちゃんと用意されていました。これでは完全に私の落ち度ですね。もちろん車もサイトに入ることはできません。

なので駐車場に近いところをオススメします。

 

水道の水はキレイ

私はいつも水道の水のことについて書いていますが、なぜならドロ混じりの水がでるキャンプ場(しかも有料)もあります。なので水道の水がキレイで飲めるかはとても重要なのです。

ここの水道はキレイでおいしいです。おいしいと言ってもアルプスの水のように美味いわけではなく「普通に飲める味」という意味です。

f:id:kipiro:20190623202115j:image

ただ、水の出る勢いが強すぎてビショビショになりましたので注意してください。

 

トイレもキレイ

トイレもきちんと清掃されておりキレイでした。もちろんトイレットペーパー完備。夜はとても明るく安心です。

f:id:kipiro:20190623203553j:image

 

直火は禁止だけど焚き火台を使えばOK

直火は禁止です。バーベキューセットでの炭火は使えます。炭は地面に捨てず、水な
どで完全に火を消してから燃えるゴミで出すことができます。

しかし無料期間中は炭は持って帰らなければなりません。

f:id:kipiro:20190623203012j:image

ちなみに私はキャンプ場周辺に落ちている枝などを薪の代わりとして使っているのですが、ここはキレイに整備されすぎていて落ち枝がほんとんどありません。落ち枝を見つけるのに大変苦労しました。

花火は禁止です。

 

有料期間中はゴミを引き取ってくれる

有料期間中は、受付にて町指定ゴミ袋をわたされますので、ゴミを分別し、キャンプ場の所定の場所に出すことができます。指定ゴミ袋に入らないゴミはキャンプ場で出さないでくださいとのこと。

f:id:kipiro:20190623202728j:image

無料期間中はゴミは自分で持ち帰りましょう。

 

ペットもOK

キャンプエリアへ入ることは可能です。ただし、放し飼いは禁止です。糞・尿の始末も各自でするように。

 

周辺の観光スポットやお店

キャンプ場周辺は全部観光地

潮岬キャンプ場のすぐそばには「潮岬観光タワー」があったり「コーヒーショップ」などがあります。ここでアイスクリームを食べられます。


f:id:kipiro:20190623203903j:image

f:id:kipiro:20190623203859j:image

 

ライダースハウス

キャンプ場の真正面には「ライダースハウス」と謳っている小屋がありますが、人の気配が全くなく運営しているのか謎です。

f:id:kipiro:20190623204112j:image

 

休憩処

潮岬には「本州最南端の潮風の休憩処」があります。冷房などはついておりませんが、畳があり休憩できます。


f:id:kipiro:20190623204428j:image

f:id:kipiro:20190623204424j:image

 

本州最南端の碑石

絶景ですので記念撮影すべきです。パノラマ撮影をするといい感じに撮れます。


f:id:kipiro:20190623204558j:image

f:id:kipiro:20190623204649j:image

 

道の駅くしもと橋杭岩

すぐ近くに「道の駅くしもと橋杭岩」があります。とがった岩が特徴的です。アイスも食べられます。

f:id:kipiro:20190623211347j:image


スーパー

一番近いスーパーは「Aコープ紀南VASEO」です。

 

ホームセンター

Aコープ紀南VASEOに隣接して「コメリ」があります。食料と一緒に炭や薪も買っておくといいですね。

f:id:kipiro:20190623205348j:image

 

温泉

潮岬キャンプ場のHPをみると「串本温泉で検索しろ!」と書かれているのですが、どの温泉も近くはないです。まず検索して最初に出てきた「大江戸温泉物語 紀南串本」は日帰り入浴の案内はなく宿泊プランしかありません。

次にヒットしたのは「串本温泉 サンゴの湯」でちょっと遠いですが、大人410円とリーズナブルです。中も古き良き温泉といった感じです。

f:id:kipiro:20190623210527j:image

出典:串本町串本温泉サンゴの湯公式ホームページ|本州最南端の温泉

串本温泉サンゴの湯

住所:和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台1123

営業時間:午前11時~午後9時(閉館)最終受付午後8時30分

料金:大人 410円

HP:串本町串本温泉サンゴの湯公式ホームページ|本州最南端の温泉