きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

キャンプ道具を小さくして持ち物を最小限にする5つの方法

f:id:kipiro:20190503194157j:image

皆さんはキャンプに行くとき、荷物がいっぱいになって困っていませんか?

キャンプ道具を小さくすることで持ち物を最小限にする方法を5つ紹介します!

バイク用のキャンプ道具に変える

バイク用のキャンプ道具は普通のキャンプ道具より小さくコンパクトに収納できるように設計されています。

例えばDOD(ドッペルギャンガーアウトドア)のワンタッチテントは超コンパクトに設計されています。

f:id:kipiro:20190503195049j:image

バイクは常に積載性の面で悩んでいるのでどれも持ち物をコンパクトにしたのです。

バイク用のキャンプ用品に変えるだけで、グッと持ち物が減った感覚になります。

 

シュラフ(寝袋)を圧縮する

シュラフは意外と面積をとります。

コンプレッションバッグで圧縮することでその面積を小さくすることができます。

f:id:kipiro:20190503201011j:image

 

またついでに衣類なども一緒に入れて圧縮することでさらに持ち物を最小限にできます。

 

道具の中に道具をしまう

コッヘルやクッカーの中は意外と小物が入ったりします。

私の場合はクッカーの中にガスバーナーを入れています。

f:id:kipiro:20190503205130j:image

その他に焚き火台のなかに五徳を入れたりしています。

 

マットをエアマットに変える

マットは「銀マットのほうがキャンプ感がでて良い!」と思う人がいるのではないでしょうか?

私も以前は銀マットじゃないとキャンプじゃないと思っていました

しかし銀マットをエアマットにした瞬間が最も一番大きい変化でした!

f:id:kipiro:20190503210651j:image

なんと収納時に1/3になるのです!

しかも寝るときはぷにぷにで気持ちい。

息を吹き入れる手間があっても、エアマットに変える価値がありました!

 

今の最新エアマットは超小型のポンプが内蔵されており、吹き入れる手間もなくなってしまいました!

 

椅子を小さいものに変える

例えばこんなデカイ椅子を使っている場合すぐに買い換えることをお勧めします。

f:id:kipiro:20190503212750j:image

確かに座り心地は最高かもしれませんが、持ち物を最小限にしたいのであれば椅子は小さい方がいいです。

 

結局はいらないものを持っていかないのが一番

超基本的な事ですが、実はこれができない人が多いのです。

キャンプで本当に使っているかもう一度確認してましょう!

例えばこんな道具が意外が使わなかったりします。

  • バーベキューコンロ(ファイアグリルで代用可能)
  • ランタンスタンド(机の上で事足りる)
  • クッカーを持ちすぎている
  • キッチンテーブル(テーブルは一つで足りることも)
  • 荷物運搬用のワゴン(持ち物が減ればいらない)

などなど必要のないものはたくさんあります。

結局は持ち物を減らすことが最小限にするコツです!

 

バイクとミニバッグだけでキャンプする私のスタイルはこちらからご覧いただけます!

www.kipiro.work