きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!

露天風呂にも入れて家族キャンプにオススメ「久保キャンプ場」

f:id:kipiro:20190507194034j:image

山梨県道志村にある露天風呂にも入れて遊び道具がたくさんの「久保キャンプ場

実際に1泊キャンプしてみて楽しさMAXでしたのでその魅力を紹介します!

久保キャンプ場の魅力

最大の魅力「キャンプ場内の露天風呂」

なんとこの久保キャンプ場は露天風呂が付いていて入ることができます。

キャンプで汚れた体を洗い流して清潔に保てます。

f:id:kipiro:20190507195359j:image

出典:施設紹介 | 久保キャンプ場 | 山梨県道志村 |道志川の渓流沿いにある静かなキャンプ場

川に入って冷えた体を温めることもでき快適性は抜群です!

 

時間で男女の入浴が分けられています。

【露天風呂利用時間】

  • 女性:17時~19時
  • 男性:19時半~21時半

 

遊び道具が豊富

久保キャンプ場では川の上を滑れるロープウェイマスの掴み取り貸し釣りがあります。

f:id:kipiro:20190507200828j:image

 

釣れたマスは焼いて食べました!

f:id:kipiro:20190507201115j:image

 

道具の貸し出し(レンタル)も豊富

貸し道具も豊富です!

  料金
BBQ鉄板 500円/枚
BBQコンロ(大) 1000円
BBQコンロ(小) 500円
ドラム缶 1000円
鍋(大) 300円
鍋(小) 200円
釜、飯ごう 300円
キッチンセット(包丁、まな板、トング等) 500円
ドラム缶風呂 1000円/回
亀の子たわし 無料

 

ちなみに薪と炭も購入することができます。

  料金
400円
炭3キロ 600円

 

テントサイトの種類

テントサイトはいくつか種類があります。

f:id:kipiro:20190507203523j:image

出典:予約 | 久保キャンプ場 | 山梨県道志村 |道志川の渓流沿いにある静かなキャンプ場

今回はA1とA2のサイトを2つ使用しました。

 

バイクで来ましたが、こちらのサイトには階段しか通路がないためバイクは乗り入れができません。

f:id:kipiro:20190507204107j:image

A1とA2の2つのサイトを使って8張のテント(大きめ)+ファミリーテント1張+タープ1張できるくらい広いです。

 

河原1と河原2はサラサラした砂になっているので、こちらもバイクの乗り入れは難しそうです。

(車やオフロードバイクなら余裕です)

f:id:kipiro:20190507204333j:image

 

屋根付きテントサイト(B1、B2、B3)は川が一望でき、突然の雨でもしのげます!

f:id:kipiro:20190507204626j:image

 

その他バンガローも借りられます。

 

無料Wifiがあるので電波も安心!

キャンプ場には無料Wifiが設置されています。

f:id:kipiro:20190507204826j:image

速度もしっかりあり、電波も遠くまで届いてくれるのでネットは快適でした!

 

焚き火について

全サイトで直火は禁止されています。

焚き火をする際は焚き火台を使用しましょう。

使用後の炭や灰はキャンプ場受付で処分してもらうことができます。

 

また焚き火の制限時間はありませんが、花火は21時以降は禁止です。

 

寝るときは耳栓が必要かも…

夜中まで起きて騒いでいる家族がいたり(時期による)、川の流れる音が意外に大きいので寝るときは耳栓が必要かもしれません。

 

突然の雨に注意

道志村の周辺は非常に天候が変わりやすいです。

私が宿泊した日も天気予報には無い、突然の夕立で激しい雨が降りました。

f:id:kipiro:20190507210833j:image

なんと雷も鳴っていました!

 

初めての家族でのキャンプにオススメ

遊び道具が豊富にあり、貸し道具もたくさんあるため初めての家族キャンプにオススメです。

また女性用のウォシュレットトイレの数が多かったり、コインシャワーなども付いているので安心です。

f:id:kipiro:20190507210348j:image

出典:施設紹介 | 久保キャンプ場 | 山梨県道志村 |道志川の渓流沿いにある静かなキャンプ場

全て温水ウォシュレットトイレです!

 

久保キャンプ場の詳細

サイト料金など詳細はHPをご覧ください!

久保キャンプ場 | 山梨県道志村 |道志川の渓流沿いにある静かなキャンプ場 

 

www.kipiro.work