きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

ソロキャンプのお供にiPadをオススメしたい。

f:id:kipiro:20191016133032j:image

ソロキャンプでは何もかも自分ひとりでやらなくてはなりません。時間をつぶすのもひとりでやらなければなりません。

そこでソロキャンプの暇をつぶすためにオススメなのがiPadです。

ソロキャンプは意外と暇

充実した装備があれば快適に過ごすことができるのですが、手慣れてくると設営に時間がかからなくなり意外と時間を持て余します。

そこでソロキャンプでは暇を潰すものが必須となっていきます。

私の暇をつぶす手段として以下のものが挙げられます。

  • ひたすら焚き火をする
  • コーヒーを自分で淹れる
  • キャンプ道具のメンテナンス
  • 読書をする
  • ゲームをする
  • 動画や映画を見る
  • 仕事をする
  • ブログを書く
  • ネットサーフィン

この中で太字で書いたものは全てiPadで出来ることになります。

 

その他にも絵を書いたり、写真を編集したり、出来ることはたくさんあります。様々なコンテンツをまとめて持ち運べるという点でキャンプにはもってこいのデバイスなのです。

f:id:kipiro:20191016135217j:image

 

キャンプに最適なiPadはどれ?

私がキャンプに持っていくiPadはiPad Pro10.5インチです。

ですがiPad Proはキャンプに最適なiPadだと思いません。

f:id:kipiro:20191016135747j:image

私はブログを書くためにスマートキーボードを使うためiPad Proをキャンプに持って行きますが、キャンプでは砂埃や焚き火などデバイスを壊してしまう要素がとても多いです。

なので高価なiPad Proを購入する必要性はありません。ましてやキャンプで文字入力をするという作業自体が特殊なので、安価なiPadの方がキャンプに向いていると思います。

 

キャンプに最適なiPadのサイズ

動画鑑賞やゲームメインならiPad mini

それではキャンプに最適なiPadのサイズはどれでしょうか?私がiPad 10.5インチをキャンプに常に持っていく中で映画や動画鑑賞や読書では10.5インチは大きいと感じました。

キャンプではiPadの置き場がないことが多いです。キャプテンスタッグのアルミローテーブルの場合iPadを置いただけで半分を占領してしまいます。そのため常に手で持つことが多いので、片手で楽にもてるiPad miniがキャンプにとても向いています。

 

何か作業をするなiPad無印かiPad Air

机が大きく置き場所に困らない場合や、iPadで作業をやりたいと考えている人は10.5インチほどは必須だと思います。

画面の大きさ=作業の快適さに直結しますので、すこし大きめのiPad無印かiPad Airをオススメします。

 

iPad Proはキャンプに向いていない

キャンプにiPad Proが向いていないというわけではありませんが、デバイスを壊してしまう要素が多いキャンプに持ち込むことを考えるとやはり高価なiPad Proをキャンプに持っていくのはすこし気が引けます。

私もできればキャンプ用のiPadが欲しいですが、データのやり取りなど複数のiPad運用するのは厳しいものがあるのでiPad Proひとつで済ましています。

 

さらに追加で言うとキャンプにiPad12.9インチはサイズが大きすぎて逆に扱いづらいことになりますので、これからiPadを購入予定でキャンプにも持っていきたいというかたは12.9インチはオススメできません。

 

キャンプに持っていくときにあると良いiPadアクセサリー

【iPadカバー&ケース】

なるべく全体を覆いかぶせられる保護性の高いカバーがオススメです。キャンプに持っていくとき専用のiPadカバーがあっても良いかもしれません。

ここでポイントなのが衝撃から守ることではなく、砂埃からiPadを守るということです。スピーカーやホームボタン、充電口から砂が入り見えないところで壊れる可能性が高いのです。このように防水ケースなどに入れて運用することがiPadの寿命を延ばしてくれます。

 
ジップロックでも代用可能です。

 

【大容量モバイルバッテリー】

目安として動画や映画鑑賞が中心のiPadの運用方法で正午から就寝までたっぷりiPadを使ったとして10,000mAhのモバイルバッテリーで1泊分です。

私の場合、20,000mAhと10,000mAhのふたつを持っていき2泊分です。

f:id:kipiro:20191016165012j:image

分けているのは小さめのサイズの10,000mAhを常に持ち歩くためです。大きいほうの20,000mAhは荷物の中にしまっておき持ち歩かないデバイス(LEDライトなど)に充電するためです。

とくにこだわりが無い場合、モバイルバッテリーは1つにしたほうが管理が楽になります。25,000mAhで充電口は3ポートくらいあると非常に便利です。

 

【モバイルWifi】

必須ではありませんが、あると何かと便利。制限がないWifiだとなお良いです。

国内外でも無制限利用のwifi【Mugen WiFi】の申し込み