きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

ファミリーキャンプ向けのオートサイト完備「秩父巴川オートキャンプ場」

f:id:kipiro:20190924133642j:image

埼玉県秩父市にあるオートサイト完備のキャンプ場「秩父巴川オートキャンプ場」に行ってきましたので、キャンプ場の様子をご覧ください。

秩父巴川オートキャンプ場

秩父巴川オートキャンプ場は埼玉県秩父市にあるファミリー向けのオートサイトキャンプ場です。

 

利用料金

秩父巴川オートキャンプ場には様々な種類のサイトがあります。

  利用料金 駐車料金
オートキャンプサイト 1泊 4,800円/1区画 1サイトにつき1台無料(2台目より+1,000円)
リバーキャンプサイト 1泊 6,500円/1区画 1サイトにつき1台無料(2台目より+1,000円)
キャラバンサイト 1泊 6,500円/1サイト 1サイトにつき1台無料(2台目より+1,000円)
ティピーサイト(常設テント)8人用 1泊 10,000円/1サイト サイト前に1台駐車可能
ティピーサイト(常設テント)4人用 1泊 8,000円/1サイト サイト前に1台駐車可能
バンガロー(5人用) 1泊 7,000円/棟 + 1,000円/人 1サイトにつき1台無料(2台目より+1,000円)
デイキャンプ(オートサイト) 2,500円(5名以上の場合は1名追加で+300円) 1サイトにつき1台無料(2台目より+1,000円)
デイキャンプ(リバー・キャラバン) 3,000円(5名以上の場合は1名追加で+300円) 1サイトにつき1台無料(2台目より+1,000円)

受付小屋の前に休憩スペースがありそこには自販機があるので飲み物には困りません。

 

チェックイン方法

まずは電話もしくはファックスにより予約をします。予約による受付は2ヶ月前の1日から可能です。

f:id:kipiro:20190930170414j:image

チェックインは入り口すぐ横にある小屋にて受付できます。サイトによってチェックイン時間が異なるので気を付けましょう。

  • テントサイト 11:00~17:00
  • バンガロー 13:00~17:00
  • デイキャンプ 11:00~

受付にて人数と車の台数を申請します。そこで料金を払います。

 

チェックアウト方法

許可証などはありませんので、サイトをきれいにしてそのまま帰ってOKですが、念のため受付にチェックアウトすることを知らせておく方がいいでしょう。

こちらもサイトによってチェックアウト時間が違うので気をつけましょう。

  • テントサイト 10:00まで
  • バンガロー 11:00まで
  • デイキャンプ 16:00まで

 

サイトの種類

サイトの種類は豊富です。オススメは川沿いのリバーキャンプサイトです。

f:id:kipiro:20190930182031j:image

 

焚き火について

基本的に焚き火台を使えば焚き火はOKです。建物内や芝生での直火はNGです。

水場の前に灰を捨てるドラム缶が設置してありますので、そこに灰を捨てることができます。

f:id:kipiro:20190930175323j:image

 

また受付小屋にて薪や炭を購入することができます。

  料金
1束 300円
1袋 350円
キャンプファイヤー 1セット 3,000円

 

サイトのすぐそばは川と絶壁と化石!

この秩父巴川オートキャンプ場にある川と圧倒されるほど絶壁はこのキャンプ場の魅力のひとつです。

f:id:kipiro:20190930180827j:image

リバーキャンプサイトはこの絶景の前でキャンプすることができます。

 

ちなみにここには化石が多く落ちていますので探してみるのも楽しみのひとつです。(貝類が多い)

3人で1時間ほど石を割って化石を探してみましたが見つかりませんでしたが、受付には見つかった化石がいっぱい展示してあります。

f:id:kipiro:20190930181236j:image

 

絶壁の反対側を見ても山々と青空がとても美しいですね。

f:id:kipiro:20190930183534j:image

 

トイレは非常にキレイ

トイレは男性用と洋式トイレがありキャンプ場内に4ヶ所設置されています。電灯も付いてるので夜も安心です。

f:id:kipiro:20190930181458j:image

 

1サイトがとても広い

3サイトを借りて7人でキャンプをしてみました。車2台とバイク1台、テント5張、ファミリー用テント1張、ヘキサタープ1張でもまだまだ余裕があります。

f:id:kipiro:20190930182332j:image

1家族で1サイトでも十分な広さがあります。

また地面の土はほどよく固めでハンマーでペグ打ちすればテントが飛ばされることはありません。

 

水回りもしっかりしている

有料でも泥まじりな水がでてくるキャンプ場もありますが、ここのキャンプ場の水は非常にキレイです。そのまま飲めました。

ただし夕飯時になると混むので水はタンクなどを持参して貯めておくといいです。

f:id:kipiro:20190930183231j:image

 

レンタルできるものが多い

秩父巴川オートキャンプ場では様々なものがレンタル可能です。

  料金
タープ 1000円
マット 2m×1m 300円
シュラフ夏用 300円
シュラフ冬用 500円
テーブルセット4人用 1000円
飯ごう 300円
300円
包丁・まな板セット 300円
バーベキューセット 1000円
バーベキュー用鉄板 500円
AC電源(要予約) 1000円

ティピーサイトとレンタル用品を使えば持っていくものは食材のみです。

 

初めてのファミリーキャンプにオススメ

キャンプをする道具はすべて秩父巴川オートキャンプ場で借りることができます。なので一切キャンプ道具をもっていなくてもファミリーキャンプが可能です。

初めてのファミリーキャンプには非常にオススメできます。

 

ソロキャンプには向いていない

1サイトがかなり広いためソロキャンプにはあまり向いていません。特に私のようにバイクとなると場所を余してしまいもったいなです。

バイク+3人用テント(ステイシーST2)1張でも1サイトの4分の1程で収まってしまいます。

f:id:kipiro:20190930184654j:image