きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

PVを爆増させるブログ記事タイトルの付け方10選 ②

前回の記事で、PV爆増の記事タイトルの付け方10選の①〜⑤を紹介したのでその続きです。

www.kipiro.work

f:id:kipiro:20190316212822j:image

 

 

前回のおさらい

①聞いた言葉をそのままタイトルに使う
②「?」をつけてみる
③組み合わせてみる
④縮めてみる
⑤言い切ってしまう

PVを爆増させるブログ記事タイトルの付け方10選 ① - ぶぶぶろぐ

前回をみていない方はぜひご覧ください!

 

⑥独り言にしてみる

人は無意識にポロっと出た言葉は「本当の気持ち」がこもっていることが多いです。

 

独り言には無意識に人を注目させる力があります。

「共感」をさせる要素がたくさん隠されているのです。

 

「もう一回食べたい」

 

⑦見たままに書く

普通ならば見たくなるように良いことしか書きませんよね。

しかしあえて良いところも悪いところも見たままに書くことによってみてらう人に信頼を得ることができます。

 

「リアリティ」を出すことにより、みる人は「あ、この人実際に体験しているんだな!」という信頼をします。

 

「新型自動車は乗り心地最高だけどあとちょっとおしい!」

 

⑧ざっくりまとめて言い換える

「言い換える」というのは連想させやすい言葉に置き換えることです。

つまり、「こういうことが言いたいんだよ!」と伝えることが大事です!

 

先ほども言いましたが「共感」させることが大事です!

 

Aさん「セールが終わっちゃいそう!早くしなきゃと思ってきました。」

「早くしなきゃ!」

 

⑨他の言葉とかけてみる

これは他の会社のキャッチコピーをみて考えたのですが、昔某石油会社が「MAIDO(まいど)カード」というのを使っていました。

 

普段使える「まいど!」という言葉とかけることでその言葉を日常化することができるのです。

 

またSEO的にも同じ言葉であればヒットするのではないでしょうか?

視聴者のニーズに合っているかはわかりませんが…

 

ただそのタイトルを見て「面白いな!」と思わせることはできるはずです!

 

「ただ居間」→「ただいま」

実際の居酒屋であるそうです。

 

⑩後のストーリーを書く

買った商品を使ってみてどうだったかはみんな書きますが、

その後の話って中々書く人はいませんよね。

 

その後の話を書くことによって見てくれる人にさらに意義のある情報を知ってもらうことができます!

 

「この商品を使ったら、彼女ができた!」

 

まとめ

全てにおいて言えることは「見てくれる人に共感を得ること

どんなタイトルをつけるにしても、「面白そう」「見たい」と思わせることが大切です!

 

ちなみに私がブログ記事のタイトルを決めるときに参考にした本はこちらです!

「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本

「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本

 
「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本