きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

バイクヘルメットにGoProを顎マウントする方法

モトブログでは顎マウントが主流になっています!

その顎マウントを簡単にやる方法を紹介します!

f:id:kipiro:20190409093644j:image

私が使っているヘルメットはこちらです!

顎マウントに必要なもの

必要なものはたったこれだけです!

  • 固定バンド2個
  • アクションカメラマウント

f:id:kipiro:20190409093841j:image

 

ちなみに単体で購入してもいいですが、バッテリーや固定マウントがセットになっているMusonがおススメです!

またこちらはマイク端子が付いているので声も取れる優れものです!必要なものはこちらの商品のセットで付いてくるので手間が省けてオススメです!Goproのマウントと互換性があるので必要なものはGoproのもので代用もできます。

 

取り付け手順は超かんたん

まずはカメラマウントに固定バンドを通します。

f:id:kipiro:20190409094602j:image

 

これをマウントを好きな位置で固定します。

f:id:kipiro:20190409095013j:image

 

カメラを取り付けてぐらつかない事を確認して完成です!

f:id:kipiro:20190409095103j:image

すごい簡単なのにこれ意外とガッチリ固定してくれます。

 

下からのマウントもできる

このように下からのカメラのマウントもできます。

f:id:kipiro:20190409095840j:image

このように下方向にマウントする事ができます。

下からマウントすることでバイクのコクピットがよく見えるようになります。

 

上と下からの視点の違い

上からの視点は景色がよくみますがバイクのコクピットがあまり見えません。よりライダーの視点に近くなります。

f:id:kipiro:20190409110402j:image

 

下からの視点だとコクピットがよく見えモトブログ的には見栄えがいいですね!しかしカメラの上下が逆になるのでカメラの設定で向きを設定するか、編集で向きを変える必要があります。(Goproなら自動で向きを検知して正しい向きで撮影してくれます。)

ちなみに先ほど紹介したMUSON MC2は向き設定できるので下から視点も大丈夫です!

f:id:kipiro:20190409110454j:image

 

顎マウントの注意

前面に空気孔が付いている場合それが動かせなくなりますので注意してください。

しかし、取り外しが簡単なのであまり問題にはなりません。

長時間つけているとカメラの重みで首が疲れて痛くなってきます。常時装備しているのには向いていませんね。

顎マウントは首にすごい負担がかかりますので長時間やっていると首を痛めます。

 

顎マウントの良いところ

顎マウントだと、よりライダーの臨場感が撮影できるのはもちろんです。ですが顎マウントの一番のメリットは振動やブレに強いということでしょう。

Goproのスーパーワイドで撮りたいがために手ブレ補正をオフにする事が多いのですが、意外とブレないので気に入っています。

 

顎マウントで撮った実際の映像

顎マウントで撮影した実際の映像です。ちなみに上方向にマウントしています。