きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

オイル交換は2りんかんに頼むのが一番良い

f:id:kipiro:20190911151052j:image

オイル交換は手順さえ知っていれば素人でもできるくらい簡単なメンテナンスです。自分でやればオイルとドレンワッシャーくらいなものです。

先日いざ自分でオイル交換をやってみて分かったことは、自分でやるより「2りんかん」でオイル交換する方が絶対に良いと思いました。

なぜ2りんかんでオイル交換した方が良いのか?

オイル交換はそんなに手間のかかる作業ではありません。なので自分でやるのも苦痛ではないですが、結論から言うと「2りんかん」でオイル交換した方が安くて確実だからです。

「2りんかん」にはオイル会員というものがあり年間500円の会員費が必要ですが、これに入っていればオイル交換工賃はタダになります。

f:id:kipiro:20190911152100j:image

「なんやかんやで結局色々料金取られるんでしょ?」って思っていた時もありましたが、実際には本当にオイル本体の代金だけでした。

 

自分でオイル交換する費用と面倒

初めて自分でオイル交換をしようと思い立ち、最低限必要なものを揃えるとだいたいこんな感じです。

f:id:kipiro:20190911152438j:image

  • ホームセンターで買った4ストローク用オイル1L(600円)×2個
  • ドレンワッシャー(160円)
  • 廃油パック(100円)
  • メガネレンチ(家にあった)

最低限この4つがあればオイル交換は自分でできます。一番安いものを買ってきて合計で1,460円(消費税込みで1,576円)でした。

 

さっそくオイル交換をやってみました。初めてでしたが約30分程で作業は終わり、ほんとうに簡単でした。

f:id:kipiro:20190911152953j:image

でも終えてから分かったこと。後片付けの面倒臭さと残り物の保管です。

  • 廃油パックから溢れてしまった床の掃除
  • アンダーカウルについたオイルを拭き取る(カウルを外す方が手間がかかるため)
  • 廃油パックを処分するときパックからオイルがこぼれないようにするのが大変
  • オイルで汚れた手を洗うのが大変
  • 微妙に残ったきれいなオイルの保管
  • 後に調べるとホームセンターで買ったオイルはかなり不評だった

改善できるところはあれど、数えればキリがありません。

そんだったら工賃無料でオイル代だけで済む「2りんかん」でやってもらった方が良いのではないかと思ったわけです。

 

2りんかんでオイル交換をするメリット

安いだけじゃない

2りんかんではオイルの量り売りをしており、必要な量だけのオイルが交換ができます。

わたしのCBR250R(MC41)の場合、オイル交換時1.4Lです。いつもお願いしているのは一番安い108円(税込)/10mLのオイルです。なのでいつも請求される代金は1,512円(税込)となっています。

f:id:kipiro:20190911155144j:image

3年ほど通いつめている2りんかんでは電話予約しておけば30分程でオイル交換は完了します。

しかも無料点検付きで!

タイヤの空気圧が足らなければ入れておいてくれるし、各所の動作不良も見てくれます。もちろん私が優遇されているわけではなく、全てのお客さんにも行ってくれます。

自分でやって1,576円、プロにやってもらって1,512円(しかも無料点検付きでホームセンターより信用できるオイル)。もうどっちが良いか明白じゃないでしょうか。

 

エレメント交換工賃も無料になる

それでもって2回に1度と言われているエレメントの交換工賃もタダになってしまいます。

Amazonでセットで売っていますが実は2りんかんの店舗でこのセット1,000円くらいで買えてしまいます。

f:id:kipiro:20190911160945j:image

この差額が500円、月に1度オイル交換をしたら年間3,000円になります。2りんかんのオイル会員になった方が安いじゃないの!!さらにドレンワッシャー160円×12個で1,920円が無料なのが何気に大きい。

なんだかんだ合わせて年間5,000円ほどお金が浮くわけです。浮いた5,000円をガソリン代に回した方がよっぽど良きですよね。

年間500円で入れるオイル会員は1回のみでも得です。なぜならオイル工賃単体だと1000円です。だったら年間500円でオイル会員になってオイル工賃をタダにしておく方がお得です。入会費無料で自動更新とかもないので安心。

 

注意点

オイル/エレメントの持ち込みは断られます。オイルの種類も街乗りからレース用まで揃えているので、よっぽど「このオイルじゃなきゃだめだ!」っていう方でなければ大丈夫かと思います。

そして車種によってはカウルを外す工賃がかかってくる場合があります。オイル交換だけならカウルを外さなくてもいけるバイクは多いですが、カウルを外さないとエレメントが交換できない車種もあるので注意です。(特にフルカウルは注意)