きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

正しく着れてる?絶対濡れないカッパの着方

f:id:kipiro:20190709084502j:image

梅雨の季節には傘やカッパが必須ですよね!でも正しい着方をしていないとカッパを着ていても濡れてしまいます。

バイクに乗る方もそうでない方もタメになる正しいカッパの着方をお教えします!

雨に濡れないために必要な道具たち

雨に濡れないために必要なものたちは3つあります。

  • カッパ(レインウェア)
  • レイングローブ 
  • レインブーツガード

この3つがあれば濡れることなくバイクに乗ることができます!

 

バイク用カッパは多機能

バイク用のカッパはあらゆるところから雨の侵入を防ぐようにできています。バイクに乗らないという方でもかなり役に立つのでバイク用カッパを持っていても損はないです!

普通のカッパとバイク用のカッパの違いはこちらをご参照ください!

わたしが愛用しているこちらのレインウェアはデザインもよくベンチレーター(通気口)があるので蒸れにくいです。デザインもかっこいいですね!このままコンビニに入っても違和感ないです。

f:id:kipiro:20190627100648j:plain

ちなみに耐水圧の目安として通勤や通学など短時間であれば10,000mmあれば十分ですが、長時間の場合は20,000mmあると安心です。
必ずチャックが内側に隠れるものにしましょう。ここからの雨の侵入が一番多いです。
f:id:kipiro:20190709094002j:image
 

レイングローブ 

雨に濡れないためのグローブです。通勤や通学の10分程度なら濡れませんが、そこそこの雨量だと絶対に濡れないレイングローブは存在しないので諦めましょう。レイングローブは袖まであるものを絶対に選びましょう!

f:id:kipiro:20190709094055j:image

 

レインブーツガード

普通の靴を履く場合は必要になります。靴が濡れるのを防いでくれます。できるだけ長いものを選ぶといいです!

f:id:kipiro:20190709094046j:image

長靴を履く場合は必要ありません。
 

濡れないカッパの着方

カッパの隙間をなくす

正しいカッパの着方は「雨の侵入を防ぐ」が基本になってきます。バイク用レインウェアだと様々なところに「絞り」があるのでしっかり絞りましょう!風圧などで絞りがあるところから雨が侵入してくるのをしっかりと防ぎましょう!

f:id:kipiro:20190709091320j:image

 

レイングローブは場合によって付け方を変える

レイングローブは場合によって付け方を変えなければなりません。

通勤や通学などストップアンドゴーが多いところだとカッパから水が垂れてグローブ内に侵入してくるのでグローブをカッパの内側に入れましょう。

f:id:kipiro:20190709091721j:image

 

ツーリングや高速道路などずっと走っている場合は逆に風圧でグローブ側から水が侵入してきますので、グローブを外側にしましょう。

f:id:kipiro:20190709091929j:image

ちなみに長時間の雨の中の走行で雨が染み込まないレイングローブは見たことないので、手が濡れてしまうのは諦めましょう。(もしあったら教えて)

 

レインブーツガードはカッパの内側

レインブーツガードはカッパの内側に入れましょう。上から水が垂れて靴の中に侵入してきます。長靴の場合はカッパを長靴の中に入れないようにしましょう。


f:id:kipiro:20190709094447j:image

f:id:kipiro:20190709094451j:image