きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

バイクのマフラーが右側にある理由

f:id:kipiro:20190815101235j:image

バイクのマフラーが基本的に右側にあるのは当たり前ですよね?実は世界のどこでもバイクのマフラーは右側が基本なのです。

なぜバイクのマフラーが右側が主流となったのか調べたところ、その理由がとても深いことが分かりました。

なぜバイクのマフラーは右側にあるのか?

バイクのマフラーは必ずしも右側にしなければいけないという決まりはありません。でも右側にあることで実に合理的な意味があったのです。

 

バイクの構造によるもの

騒音規制の測定を正確に測るため

バイクの騒音規則の測定をするときチェーンなどが発するメカニカルノイズを拾ってしまうのを回避するためにマフラーはチェーンの反対側にあるわけです。

 

マスの集中化を図るため

マフラーがチェーンの反対側にあるのはマスの集中化を図るためや、バンク角を確保するためマフラーをなるべく車体に寄せるためです。

カワサキのNinja H2やBMWのバイクなどはスイングアームを片持ちにさせることでマフラーをより車体に寄せています。


f:id:kipiro:20190815111453p:image

f:id:kipiro:20190815111105j:image

 

これはセンターアップマフラーも同様で、必ずと言っていいほどチェーンとは逆の右側を沿うように設計されています。

f:id:kipiro:20190815111637j:image

 

ちなみに2本出しマフラーはシンメトリー(左右対称)に見せるため、あえて右側のマフラーを少し離した場所に設置されていたりします。

f:id:kipiro:20190815112654j:image

だったら「チェーンとマフラーを逆にしてもいいのでは?」となるのですが、ここからとても重要なのです。

 

人間による都合

バイクを押し引きするとき邪魔だから

究極的にはコレに尽きるのですが、バイクを押し引きするときライダーはバイクの左側に立ちます。そのときマフラーが左側にあると足にあたり邪魔になってしまいます。何よりマフラーはチェーンの比ではないくらいの大きさで、火傷の恐れもあるのでマフラーは右側にあるのです。

ちなみに形がよく似ている自転車にはマフラーはありません。押して引くときに邪魔になるものはチェーンのみとなるので自転車のチェーンは右側にあります。

f:id:kipiro:20190815114011j:image

 

押し引きするとき左側なのはなぜ?

これは日本が左側通行だからと思っている人も多いですが、万国共通(右側通行の国)でバイクは左側から押し引きとなっています。これには乗馬の歴史が関係しています。

f:id:kipiro:20190815114658j:image

馬に乗る時はどの国でも左側から乗るように教わります。これは乗馬の際に外側の手綱と馬を引き寄せる必要があり、当然ながら利き手で外側を引き寄せた方が引き寄せやすいからです。

そして右利きの人が圧倒的に多いから左から乗るというのが常識となりました。

 

利き手と軸足の関係

右利きの場合、軸足となるのが左足の方が多いです。乗馬するとき先に左足をあぶみにかけ踏ん張って右足を跨ぐわけです。これはバイクでも同じことで左足を軸足とし右足で跨ぐほうが楽なのでバイクの左側に立つわけですね。

f:id:kipiro:20190815131845j:image

 

左側にマフラーがあるバイクもある

実は左側にマフラーがあるバイクもあります。昔の話ですが、統計上サーキットは右回りが多いためバンク角を稼ぐためや抜かされにくいという理由で左側にマフラーを出すバイクがありました。

現在ではカスタムでのみしか左出しのマフラーは実現できません。

f:id:kipiro:20190815133554j:image

引用:KERKER左出しマフラーに交換してみました。 ( オートバイ ) - 間違えまくりのクルマ選び - Yahoo!ブログ