きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

150ccアドベンチャースクーターADV150まとめ

f:id:kipiro:20191029145217j:image

150ccクラスのアドベンチャースクーターのADV150はX-ADVの弟分のような立ち位置になっています。

アドベンチャースクーターで最近流行ってきている150ccの組み合わせは最高だと思います。

ADV150

f:id:kipiro:20191029145625j:image

出典:Honda Global | ADV150

ADV150はPCX150と同じエンジンを搭載したアドベンチャースクーターになっており、X-ADVをそのまま150ccに取り入れたようなスクーターです。

軽量でコンパクトなスクーターでありながら、毎日の通勤から旅行まで使える」というようなコンセプトを掲げており、舗装路からある程度の未舗装路まで多くカバーできます。

 

アドベンチャースクーターであるX-ADVの系譜ということもあり、X-ADVに似ています。


f:id:kipiro:20191029151223g:image

f:id:kipiro:20191029151219j:image

左がADV150、右がX-ADV

 

ADV150の装備

ベースがPCX150ということもあり、スクーターの装備が標準になっています。


f:id:kipiro:20191029151621j:image

f:id:kipiro:20191029151625j:image

スマートキー、ハザード、アイドリングストップ機能はPCX150から引き継がれた機能です。メーター周りはアドベンチャーらしく様々な情報(速度、燃料残量計、平均/瞬間燃費、オドメーター、トリップメーター、時計、バッテリーインジケーター、外気温計、オイル交換通知)が表示されています。

またフロントスクリーンの高さは2段回に調節可能でロングライドにも使えそうです。

さらにスクーターの利点ともいえるメットインは28Lもあり、ツーリングのお土産やスーパーで買い物をしたときも収納に困りません。

X-ADVにあるトラクションコントロールはないようです。

 

足回りの強化

アドベンチャーということで足回りがかなり強化されています。

f:id:kipiro:20191029152550j:image

タイヤサイズはPCXの前後14インチから後ろのみ13インチに変更されましたが130mmと少し太めになったブロックタイヤを履き、リザーバータンク付きのツインショック、前後ディスクブレーキ、ABSを装備し最低地上高は165mmと十分な高さがあります。

 

ADV150のスペック

  • 全長1,950
  • 全幅763
  • 全高1,153
  • 軸距1,324
  • シート高795
  • 車重132-133kg
  • 無段変速水冷4ストローク単気筒 SOHC 150cc
  • 14.5ps/8,500rpm
  • 1.34kg-m/6,500rpm 
  • 燃料タンク容量8L
  • 燃費46.6km/L
  • ブレーキ F=φ240mmディスク、R=φ220mmディスク 
  • タイヤサイズ F=110/80-14、R=130/70-13

アドベンチャーバイクとしてはタンク容量が小さいのが気になりますが、PCX譲りの燃費の良さにより372.6kmという巡航距離を確保しています。

 

ADV150の発売時期

東京モーターショー2019で日本初発表となったADV150ですが、日本仕様のものが用意されており発売時期は2020年春頃になるそうです。

日本仕様としてフロントフェンダーにリフレクターとマフラーのヒートガードが追加されています。


f:id:kipiro:20191029155004j:image

f:id:kipiro:20191029155000j:image

 

ADV150の価格

現在(2019年10月)中古車価格で40〜50万円ほどで販売されています。

現在出回っているADV150は日本ではまだ発売されていませんので、インドネシア仕様となっています。