きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!ゆる〜く日本一周中

【コスパ最強!】UCOの焚き火台兼グリル【大人気】

f:id:kipiro:20190417153555j:image

最近キャンパーの中でUCOの焚き火台が流行っています。

なぜ流行っているのか?

それはコスパが良すぎるからです!

 

実際に使ってみたら良い点しかなかったので紹介します!

 

安くて丈夫なUCOの焚き火台

このUCOの焚き火台は5000円〜6000円代で販売されています。

 

その値段にふさわしくないほどの丈夫さとコンパクトさを持ち合わせています!

 

正式名称は「フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット

大小2つのサイズが販売されています。

 

収納時は超コンパクト!

実際にどのくらいコンパクトになるのか計ってみます!

大きいタイプと小さいタイプがありますが、大きい方で計測してみます!

f:id:kipiro:20190418085423j:image

収納時は34cm(幅)×24cm(高さ)×2cm(厚さ)になります!

 

面積的にはA4コピー用紙ほどです!

f:id:kipiro:20190418085850j:image

 

収納袋も付いており、サイズは36cm(横)×27cm(縦)になります。

f:id:kipiro:20190418090238j:image

 

びっくりするほどの耐久力

松を燃やし長時間火柱を上げてみましたが、全くへたっていません!

f:id:kipiro:20190418084120j:image

 

石焼をするため高温にしました。

f:id:kipiro:20190418090357j:image

 

山奥でのキャンプは寒いのでたくさん燃やします。

f:id:kipiro:20190418090615j:image

 

こんな使い方をしても全くものともしません!

f:id:kipiro:20190418091157j:image

あの有名なピ◯グリルだったら確実にダメになっていましたね。

 

2つのサイズどっちがいいの?

f:id:kipiro:20190418083846j:image

大きい方は34cm×25cm×28cm(高さ)で小さい方は24cm×18cm×20cm(高さ)になります。

 

大きい方はA4コピー用紙より少し大きいぐらいですね。

f:id:kipiro:20190418091626j:image

 

薪もギリギリはいる大きさです。

薪によっては確実に入りませんが、乗っけてくだけなら大丈夫です。

f:id:kipiro:20190418091750j:image

 

薪が入らない時こういうのを持っておくと便利です。

 

大きい方は薪を使用する人、小さい方は炭を使用する人と使い分けが必要になります。

 

でもやっぱり大きいほうが何かと便利です!

 

大きい方ならスキレットが二つ入り調理も楽々できます。

f:id:kipiro:20190418092030j:image

 

組み立てがめっちゃ楽

商品紹介ページに飛ぶとわかりますが「30秒で組み立て完了!」みたいなこと書いてありますが、実際は10秒もかかりません。

 

映える

なんと言っても「普通に使っているだけで映えます

 

なんと言っても耐久性、コンパクト性、大きさ、価格で全てに満足できる焚き火台です!