きぴろのバイク日記

主にバイクとキャンプのことを書く雑記ブログです!

【バイク】汎用可変ウィンドスクリーンを徹底レビュー

私は仕事の関係で月2回の頻度でロンツー(仕事ダヨ)します。

片道300kmなのですがとても疲れるので何か対策をしなけれなばと、様々な商品を購入しました。

  • 可変ウィンドスクリーン 
  • ゲルザブ 
  • ウィンカー
  • インカム

今回はその中で「可変ウィンドスクリーン 」について徹底レビューをしていきます!

f:id:kipiro:20190325091355j:image

 

Amazonから購入

Amazonでは3〜4種類ほどの可変ウィンドスクリーンが販売されていますが、どれも同じ様なので一番安いものを選びました。

f:id:kipiro:20190325091834j:image

 

 

付属品

届いた商品を早速開けてみると以下のものが付属されていました。

 

「可変スクリーン本体」と「留め具セット」おまけに「六角レンチ」

f:id:kipiro:20190325092315j:image

 

そしてとても薄く印刷されてた分かりにくい「解説書」

f:id:kipiro:20190325092342j:image

本当に見にくくて分かりにくいです。

 

  • 可変スクリーン本体
  • 留め具
  • ネジ
  • 六角レンチ
  • 見にくい解説書

 

組み立て

本来は先に留め具を車体スクリーンにつけてから可変スクリーンを組み立てます。

しかし、今回は留め具と可変スクリーンを先に組み立ててみます。

 

まずは「留め具」と「可変スクリーン」をセット

f:id:kipiro:20190325092811j:image

 

次に車体スクリーンに挟む部分を保護するシリコン剤を間に挟み組み立て完成です!

f:id:kipiro:20190325093042j:image

 

説明書は分かりにくいけど組み立ては非常に簡単です。

 

取り付け

車体スクリーンへの取り付けは挟んで六角レンチで4つのボルトを締めるだけです。

f:id:kipiro:20190325093641j:image

完成!

取り付け時間はおおよそ20分ほどでできました。

 

外観

左が可変スクリーンを下げている状態

右が可変スクリーンを起こしている状態

f:id:kipiro:20190325094300j:image

 

コクピットからはこんな感じで見えます。

f:id:kipiro:20190325094356j:image

 

それでは早速、走りに行ってみましょう!

 

走行インプレッション

おそらく効果が一番得られると思い、スクリーンを最大まで起こして街乗り走行してみました。

f:id:kipiro:20190325095025j:image

 

ファーストインプレッションは

「何が変わった…????」

 

そこで巡航速度の早いことで有名な浜名バイパスで高速域を試してみました。

すると風が体に当たらない!

やっぱり高速域での効果は絶代でした。つけて良かったです!

 

でも一般道では効果はないですね。

高速道路くらいしか使いどころはなさそうです。

 

今回は動画を撮ってみました!

 

これをつけるだけで高速道路走るのがすごく楽になりますよ!

 

私はロンツーの時にスクリーンを起こさせる様にしました!

f:id:kipiro:20190325105801j:image

 

300km走ってわかったこと

片道300kmのロングツーリングをしました。

低速でも体に風が当たらないだけで、効果は絶代なのがわかりました!

 

風による疲労がものすごく軽減されたのがわかりました。

これは走れば走るほど良さが分かってくる商品ですね!

 

本当に買ってよかった!

 

同時期に導入したゲルザブもレビューしていますので合わせてどうぞ!

www.kipiro.work